[北海道ブロック]GL110「適切な医薬品選択と受診勧奨」関連の出題

GL110「適切な医薬品選択と受診勧奨」に関する出題は計38問となっています。

GL分析はこちら

実際の問題をみてみましょう。

北海17013
第1欄の記述は、一般用医薬品の定義に関するものである。()の中に入れるべき字句は第2欄のどれか。

第1欄
一般用医薬品は、医薬品医療機器等法第4条第5項第4号において「医薬品のうち、その効能及び効果において人体に対する作用が著しくないものであつて、()から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているもの(要指導医薬品を除く。)」と定義されている。

第2欄
1    登録販売者
2    医師若しくは薬剤師
3    医師若しくは歯科医師
☆4    薬剤師その他の医薬関係者
5    供給者

北海17014
一般用医薬品の役割に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a    重篤な疾病に伴う症状を改善する。
☆b    生活習慣病等の疾病に伴う症状発現を予防(科学的・合理的に効果が期待できるものに限る。)する。
☆c    生活の質(QOL)を改善・向上する。
☆d    健康を維持・増進する。ているものはどれか。

    a    b    c    d
1    誤    正    正    誤
2    正    誤    正    正
3    正    正    誤    誤
4    正    誤    誤    正
5    誤    正    正    正

北海17015
一般用医薬品の選択及びセルフメディケーションに関する以下の記述のうち、誤っ ているものはどれか。

1    近年、専門家による適切なアドバイスの下、生活者が身近にある一般用医薬品を利用する「セルフメディケーション」の考え方がみられるようになっている。
☆2    一般用医薬品の販売等に従事する専門家においては、購入者等に対して常に自己の経験だけに基づいた正確な情報提供を行い、セルフメディケーションを適切に支援していくことが期待されている。
3    一般用医薬品で対処可能な範囲は、医薬品を使用する人によって変わってくるものであり、例えば、乳幼児や妊婦等では、通常の成人の場合に比べ、その範囲は限られてくることに留意される必要がある。
4    一般用医薬品を一定期間若しくは一定回数使用しても症状の改善がみられない又は悪化したときには、医療機関を受診して医師の診療を受ける必要がある。

北海17016
販売時のコミュニケーションに関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

☆a    購入者が、自分自身や家族の健康に対する責任感を持ち、適切な医薬品を選択して、適正に使用しようとするよう、働きかけていくことが重要である。
☆b    一般用医薬品の場合、必ずしも情報提供を受けた当人が医薬品を使用するとは限らないことを踏まえ、販売時のコミュニケーションを考える必要がある。
c    購入者に対し、正確な情報提供を行うため、説明した内容が購入者にどう理解され、行動に反映されているか等の実情を把握することなく、添付文書や製品表示に記載された内容どおりに専門用語を用いて説明することが適切である。
☆d    情報提供を受ける購入者が医薬品を使用する本人で、かつ、現に症状がある場合には、言葉によるコミュニケーションから得られる情報のほか、その人の状態や様子全般から得られる情報も、状況把握につながる重要な手がかりとなる。

    a    b    c    d
1    誤    正    正    誤
2    正    正    誤    正
3    正    正    正    誤
4    正    誤    誤    正
5    誤    誤    正    正

北海15014
以下の記述は、医薬品医療機器等法第4条第5項第4号に規定されている一般用医薬品の定義に関するものである。()に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

医薬品のうち、その効能及び効果において人体に対する作用が(a)ものであって、薬剤師その他の医薬関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているもの((b)を除く。)をいう。

    a    b
1    緩和な    要指導医薬品
☆2    著しくない    要指導医薬品
3    著しい    要指導医薬品
4    著しくない    第1類医薬品
5    緩和な    第1類医薬品

北海15019
セルフメディケーションに関する以下の記述について、()の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

世界保健機関(WHO)によれば、セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に(a)を持ち、(b)な身体の不調は(c)で手当てする」こととされている。

    a    b    c
1    自信    軽度    医療機関
☆2    責任    軽度    自分
3    責任    重度    医療機関
4    自信    重度    自分
5    責任    重度    自分

北海15020
一般用医薬品の役割に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

☆1    健康状態の自己検査
☆2    健康の維持・増進
3    重度な疾病の治療
☆4    生活の質(QOL)の改善・向上

北海14001
一般用医薬品に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

☆a    一般の生活者が自ら選択し、使用するものであり、その役割の一つとして軽度な疾病に伴う症状の改善がある。
☆b    一つの医薬品の中に作用の異なる複数の成分を組み合わせて含んでいる(配合される)ことが多い。
c    生活習慣病等の疾病に伴う症状発現の予防(科学的・合理的に効果が期待できるものに限る。)には用いられない。
d    開封の状態で保管された場合に、その医薬品の品質が保持される期限を使用期限という。

1(a,b)    2(a,d)    3(b,c)    4(c,d)

北海14002
一般用医薬品に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a    効果を早く得るためには添付文書に記載された用量よりも多く服用しても良い。
☆b    通常は、使用を中断することによる不利益よりも、重大な副作用を回避することが優先されるので、副作用の兆候が現れたときには基本的に使用を中止する。
☆c    習慣性・依存性のある成分を含んでいるものがあり、それらの医薬品が乱用されることがあるので、注意が必要である。
d    一般の生活者がその選択や使用を判断するものであるから、必要以上の大量購入や頻回購入があっても、登録販売者は関与する必要はない。

1(a,b)    2(a,d)    3(b,c)    4(c,d)

北海14014
医療機関で治療を受けている人等への配慮に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

☆a    一般用医薬品を使用することによってその症状が悪化したり、治療を妨げられることもある。
☆b    過去に医療機関で治療を受けていた(今は治療をしていない)という場合には、どのような疾患について、いつ頃かかっていたのかを踏まえ、情報提供がなされることが重要である。
☆c    疾患の種類や程度によっては、一般用医薬品の有効性や安全性に影響を与える要因となることがある。
☆d    登録販売者は、医療機関・薬局で交付された薬剤を使用している人に対し、その薬剤を処方した医師若しくは歯科医師又は調剤を行った薬剤師に相談するよう説明する必要がある。

    a    b    c    d
1    誤    正    誤    誤
2    正    正    誤    正
3    正    正    正    正
4    正    誤    正    誤
5    誤    誤    正    正

北海14016
医薬品の販売に従事する専門家の一般用医薬品販売時のコミュニケーションに関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

☆a    生活者のセルフメディケーションに対し、医薬関係者として支援していくという姿勢で臨むことが基本である。
☆b    専門家からの情報提供は、単に専門用語を分かりやすい平易な表現で説明するだけでなく、どう理解されたかなどの実情を把握しながら行うと効果的である。
☆c    購入者が、自分自身や家族の健康に対する責任感を持ち、適切な医薬品を選択して、適正に使用しようとするよう働きかけていくことが重要である。
☆d    一般用医薬品の場合、必ずしも情報提供を受けた当人が医薬品を使用するとは限らないことを踏まえ、販売時のコミュニケーションを考える必要がある。

    a    b    c    d
1    誤    正    誤    正
2    正    正    正    正
3    正    誤    正    正
4    正    正    誤    誤
5    誤    誤    正    誤

北海14019
以下の一般用医薬品の定義(薬事法第4条第5項第5号)に関する記述について、()の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

医薬品のうち、その効能及び効果において(a)作用が著しくないものであって、(b)から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているもの(要指導医薬品を除く。)をいう。

    a    b
1    人体に対する    医師及び薬剤師
☆2    人体に対する    薬剤師その他の医薬関係者
3    副    医師及び薬剤師
4    副    薬剤師その他の医薬関係者
5    人体に対する    医師及びその他の医薬関係者

北海14020
医薬品の販売等に従事する専門家が購入者から確認しておきたい基本的ポイントに関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

☆a    その医薬品を使用する人が相互作用や飲み合わせで問題を生じるおそれがある他の医薬品や食品を摂取していないか。
☆b    何のためにその医薬品を購入しようとしているか。
☆c    その医薬品を使用する人が医療機関で治療を受けていないか。
☆d    その医薬品を使用する人として、小児や高齢者、妊婦等が想定されるか。

    a    b    c    d
1    正    誤    誤    正
2    誤    正    誤    誤
3    正    誤    正    誤
4    正    正    正    正
5    誤    誤    正    誤

北海13016
次の1〜5で示される者のうち、一般用医薬品の選択や使用を判断する主体はどれか。

1    医師
2    看護師
3    薬剤師
4    一般用医薬品の販売等に従事する専門家
☆5    一般の生活者

北海13018
一般用医薬品の役割に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

☆1    軽度な疾病に伴う症状の改善
☆2    健康の維持・増進
3    身体の清潔、美化
☆4    生活習慣病等の疾病に伴う症状発現の予防

北海12013
一般用医薬品の役割に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

☆a    軽度な疾病に伴う症状の改善
☆b    生活習慣病等の疾病に伴う症状発現の予防
☆c    健康状態の自己検査
☆d    衛生害虫の防除

    a    b    c    d
1    正    正    正    誤
2    正    正    誤    正
3    正    誤    正    正
4    誤    正    正    正
5    正    正    正    正

北海12015
セルフメディケーションに関する以下の記述のうち、正しい組み合わせはどれか。

☆a    WHOによれば、セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てする」こととされている。
b    薬事法において、セルフメディケーションとは、医療費抑制のために一般用医薬品を積極的に使用して医療機関受診の削減を行うことである。
☆c    一般用医薬品を使用して対処した場合でも、一定期間もしくは一定回数使用しても症状の改善がみられない又は悪化したときには医師の診療を受けることが望ましい。
d    一般用医薬品の販売などに従事する専門家は、購入者に対して他の購入者からの聞き取りに基づいた情報提供を行い、セルフメディケーションを適切に支援していくことが期待されている。

1(a,b)    2(a,c)    3(b,d)    4(c,d)

北海12016
適切な医薬品選択等に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a    高熱や激しい腹痛など、重い症状を呈している場合でも、一般用医薬品を使用することが適切な対応である。
b    乳幼児、妊婦、通常の成人で比較した場合、一般用医薬品で対処可能な症状の範囲は変わらない。
☆c    購入者から、他の薬局で購入した一般用医薬品を1年間使用しているが、症状が改善しないと相談があったため、医療機関の受診を勧めた。
☆d    購入者が、あらかじめ購入する一般用医薬品の品名を指定してきたが、使用する人や症状の相談を受けたうえで、別の一般用医薬品を勧めた。

1(a,b)    2(a,c)    3(b,d)    4(c,d)

北海12017
登録販売者が医薬品を販売する時のコミュニケーションについての以下の記述のうち、正しいものはどれか。

1    一般用医薬品は、医薬品の販売に従事する専門家がその選択や使用を判断する主体であり、購入者のセルフメディケーションに対して、医薬関係者として関与する姿勢で臨むことが基本である。
2    添付文書による医薬品の情報提供を常に行っており、特定の顧客に長時間接客することは不公平であるので、会話しやすい雰囲気づくりはするべきではない。
☆3    医薬品の販売に際して、現に症状のある本人が購入しようとしている場合は、購入者の言葉だけでなく、その人の状態や様子全般から得られる情報も重要である。
4    高齢者には医薬品の販売時の説明では理解してもらえないことが多いため、服用時に家族や介護者から説明を受けるよう薦め、高齢者本人には説明を行わない。

北海11013
登録販売者が医療機関・薬局で交付された薬剤を使用している人から、一般用医薬品との併用の可否を相談された場合の対応として、最も適切なものはどれか。

1    医療機関・薬局で交付された薬剤を服用している間は、一般用医薬品は服用できないと説明する。
2    一般用医薬品は作用が緩和なので、併用しても問題ないと説明する。
3    医療機関・薬局で交付された薬剤を服用した後、4時間程度の間隔をあけて一般用医薬品を服用するよう説明する。
☆4    医療機関・薬局で交付された薬剤を処方した医師若しくは歯科医師又は調剤を行った薬剤師に相談するよう説明する。

北海11015
適切な医薬品選択と受診勧奨に関する以下の記述のうち、適切なものの組み合わせはどれか。

a    購入者から、高熱や激しい腹痛があるとの相談を受けたので、一般用医薬品を多めに服用するよう勧めた。
☆b    軽度の症状であったが、一般用医薬品を一定期間服用しても症状の改善がみられないとの相談を受けたので、医療機関を受診するよう勧めた。
c    購入者が、あらかじめ購入する医薬品を決めていたので、使用する状況の確認や情報提供を行わなかった。
☆d    販売数量を一時期に使用する必要量とすることにより、コミュニケーションの機会が継続的に確保されるようにした。

1(a,b)    2(a,c)    3(b,d)    4(c,d)

北海11016
セルフメディケーションに関する以下の記述について、()の中に入れるべき正しい字句の組み合わせはどれか。

WHOによれば、セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に(a)を持ち、(b)身体の不調は自分で手当する」こととされており、一般用医薬品の販売等に従事する専門家は、生活者のセルフメディケーションを適切に支援することが期待されている。

    a    b
1    自信    緊急の
2    自信    軽度な
3    責任    緊急の
☆4    責任    軽度な
5    責任    明らかな

北海10014
一般用医薬品に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

☆1    一般用医薬品は、薬事法により定義されている。
☆2    一般用医薬品の販売等に従事する専門家においては、購入者等に対して常に科学的な根拠に基づいた正確な情報提供を行い、セルフメディケーションを適切に支援していくことが期待されている。
☆3    一般用医薬品は主として軽医療の分野で使用されるものである。
4    一般用医薬品には衛生害虫の防除、殺菌消毒等といった保健衛生上の役割は持たされていない。

北海10015
適切な医薬品選択と受診勧奨に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

1    高熱や激しい腹痛など、症状が重いときには、ただちに一般用医薬品を使用して症状の軽減を図ることが適切な対処といえる。
☆2    一般用医薬品で対処可能な範囲は、乳幼児や妊婦など、医薬品を使用する人によって変わってくる。
☆3    体調の不調や軽度の症状等について一般用医薬品を使用して対処した場合であっても、一定期間若しくは一定回数使用しても症状の改善がみられない又は悪化したときには、医師の診察を受けることが望ましい。
☆4    一般用医薬品の購入者への情報提供は、必ずしも医薬品の販売に結び付けるのではなく、医療機関の受診を勧めたり、医薬品の使用によらない対処を勧めることが適切な場合があることにも留意する。

北海10016
次の記述は、一般用医薬品の販売時におけるコミュニケーションに関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

☆a    その医薬品を使用する人が、相互作用や飲み合わせで問題を生じるおそれのあるものを摂取していないかを確認する。
☆b    家庭における常備薬として購入される場合であっても、購入者側の状況の把握に努めることが望ましい。
c    一般用医薬品の適正な使用のために必要な情報は、基本的に添付文書や製品表示に記載されているので、特に個々の購入者や使用者の状況を把握する必要はない。
d    購入者側に情報提供を受けようとする意識が乏しい場合は、コミュニケーションを図る必要はない。

1(a,b)    2(a,d)    3(b,c)    4(c,d)

北海10017
一般用医薬品を販売する際に、医薬品の販売に従事する専門家が購入者から確認しておきたい基本的ポイントがいくつかある。次の1〜5で示される基本的ポイントのうち、不適当なものはどれか。

1    医薬品を使用する人が医療機関で治療を受けていないか。
☆2    健康保険に加入しているか。
3    何のためにその医薬品を購入しようとしているか。
4    その医薬品がすぐに使用される状況にあるか。
5    その医薬品を使用する人として、小児や高齢者、妊婦等が想定されるか。

北海10019
以下のセルフメディケーションに関する記述について、()の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

WHOによれば、セルフメディケーションとは、「自分自身の(a)に責任を持ち、(b)身体の不調は自分で手当てする」こととされている。

    a    b
1    健康    緊急の
2    医薬品の保管    緊急の
☆3    健康    軽度な
4    医薬品の保管    軽度な
5    行動    軽度な

北海09012
医療機関で治療を受けている人等の一般用医薬品使用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

☆a    疾患の種類や程度によっては、一般用医薬品の有効性や安全性に影響を与える要因となることがある。
☆b    一般用医薬品を使用することによってその症状が悪化したり、治療が妨げられることもある。
☆c    医療機関・薬局で交付された薬剤を使用している人については、登録販売者において一般用医薬品との併用の可否を判断することは困難なことが多く、その薬剤を処方した医師若しくは歯科医師又は調剤を行った薬剤師に相談するよう説明する必要がある。
☆d    医療機関での治療は特に受けていない場合であっても、一般用医薬品の種類や配合成分等によっては、特定の症状がある人が使用するとその症状を悪化させるおそれがある等、注意が必要なものがある。

    a    b    c    d
1    正    正    正    正
2    正    正    正    誤
3    正    正    誤    正
4    正    誤    正    正
5    誤    正    正    正

北海09016
一般用医薬品の役割に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

☆a    軽度な疾病に伴う症状の改善
☆b    生活の質(QOL)の改善、向上
☆c    健康の維持、増進
☆d    衛生害虫の防除

    a    b    c    d
1    正    正    正    正
2    正    正    正    誤
3    正    正    誤    正
4    正    誤    正    正
5    誤    正    正    正

北海09017
薬事法第25条に規定される一般用医薬品の定義について、()の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

医薬品のうち、その効能及び効果において人体に対する作用が(a)ものであって、(b)その他の医薬関係者から提供された情報に基づく(c)の選択により使用されることが目的とされているもの。

    a    b    c
1    緩和な    登録販売者    需要者
2    緩和な    薬剤師    消費者
3    著しくない    医師    消費者
☆4    著しくない    薬剤師    需要者
5    緩和な    登録販売者    消費者

北海08005-2
一般用医薬品に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか。

1    効果が緩和なので、過量に摂取しても急性中毒が生じる危険性はない。
2    習慣性、依存性がある成分が含まれているものはない。
3    一般的に風邪等の症状がひどいときは、適正使用量より多めに服用した方がよい。
☆4    乱用の繰り返しによって、慢性的な臓器障害等を生じるおそれがある。

北海08014-2
薬事法第25条で規定される一般用医薬品の定義について、()の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

医薬品のうち、その効能及び効果において人体に対する作用が(a)ものであって、(b)その他の医薬関係者から提供された情報に基づく(c)の選択により使用されることが目的とされているもの。

    a    b    c
☆1    著しくない    薬剤師    需要者
2    緩やかな    薬剤師    販売者
3    緩やかな    薬剤師    需要者
4    著しくない    医師    販売者
5    緩やかな    医師    需要者

北海08017-2
医薬品の販売時に購入者から確認しておきたい事項に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

☆a    その医薬品を使用するのは情報提供を受けている当人か、又はその家族等が想定されるか。
☆b    その医薬品を使用する人が医療機関で治療を受けていないか。
☆c    その医薬品を使用する人が過去にアレルギーや医薬品による副作用等の経験があるか。
☆d    その医薬品がすぐに使用される状況にあるか。

    a    b    c    d
1    正    誤    誤    正
2    誤    誤    正    誤
3    正    正    誤    正
4    正    正    正    誤
5    正    正    正    正

北海08005-1
一般用医薬品に関する以下の記述について、()の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

一般用医薬品は、軽度の疾病に伴う症状の改善等を図るもので、(a)の判断で使用するものであり、副作用等の兆候が現れたときには基本的に(b)とされている。

    a    b
1    医師    医師や薬剤師などに相談すること
2    医師    使用を中止すること
☆3    一般の生活者が自ら    使用を中止すること
4    一般の生活者が自ら    医師や薬剤師などに相談すること
5    薬剤師    医師や薬剤師などに相談すること

北海08011-1
次の記述は一般用医薬品の使用に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

☆a    高齢者であっても基礎体力や生理機能の衰えは個人差が大きいため、実際にその医薬品を使用する高齢者の個々の状況に即して、情報提供や相談対応を適切に行うことが重要である。
☆b    一般用医薬品の用法用量は、使用する人の生理機能の個人差をある程度見込んで設定しているので、高齢者であっても基本的には定められた用量の範囲内で使用されることが望ましい。
c    嚥下障害とは、医薬品の副作用で口渇を生じることをいう。
d    用法用量どおりに使用すれば、基礎疾患の症状の悪化や治療の妨げとなることはない。

1(a,b)    2(a,c)    3(b,d)    4(c,d)

北海08013-1
医療機関で治療を受けている人の一般用医薬品の使用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

☆a    慢性疾患の種類や程度によっては、一般用医薬品の有効性や安全性に影響を与える要因となることがある。
☆b    登録販売者は、一般用医薬品と医療用医薬品との併用の可否を判断することは困難なことが多いため、その併用については医師、薬剤師等に相談するよう説明する必要がある。
c    高血圧の治療を受けている人が鼻炎用点鼻薬を使用した場合、交感神経興奮作用により血圧を必要以上に下げてしまうおそれがある。
☆d    肝臓病の治療を受けている人は、小柴胡湯(しょうさいことう)の服用により間質性肺炎の副作用が現れやすい。

    a    b    c    d
1    正    誤    誤    正
2    誤    正    正    誤
3    誤    正    誤    誤
4    正    正    誤    正
5    正    誤    正    誤

北海08016-1
医薬品の販売時に購入者から確認しておきたい事項に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

☆a    その医薬品を使用するのは購入者自身か、又はその家族等のために購入するのか。
☆b    その医薬品を使用する人として、小児や高齢者等が想定されないかどうか。
☆c    その医薬品を使用する人は、過去にアレルギーの経験があるか。
☆d    その医薬品がすぐに使用される状況にあるか。

    a    b    c    d
1    誤    正    正    正
2    正    誤    正    正
3    正    正    誤    正
4    正    正    正    誤
5    正    正    正    正

北海08017-1
セルフメディケーションに関する以下の記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

☆a    WHOによれば、セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てする」こととされている。
b    セルフメディケーションとは、積極的に一般用医薬品を使用して疾病の治療を行うことである。
c    症状が重いときに一般用医薬品を使用することは認められていない。
☆d    一般用医薬品の販売などに従事する専門家は、購入者に対して常に科学的な根拠に基づいた正確な情報提供を行い、セルフメディケーションを適切に支援していくことが期待されている。

1(a,b)    2(a,d)    3(b,c)    4(c,d)