[北海道ブロック]GL108「プラセボ効果」関連の出題

GL108「プラセボ効果」に関する出題は計9問となっています。

GL分析はこちら

実際の問題をみてみましょう。

北海16015
プラセボ効果(偽薬効果)に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

☆a    医薬品を使用したときにもたらされる反応や変化には、薬理作用によるもののほか、プラセボ効果によるものも含まれている。
b    プラセボ効果によってもたらされる反応や変化に、不都合なもの(副作用)はない。
☆c    プラセボ効果は、医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待(暗示効果)や、条件付けによる生体反応、時間経過による自然発生的な変化(自然緩解など)等が関与していると考えられる。
d    プラセボ効果は主観的な変化であり、客観的に測定可能な変化として現れることはない。

    a    b    c    d
1    正    誤    正    誤
2    正    正    誤    誤
3    誤    誤    誤    正
4    誤    正    正    誤
5    正    誤    誤    正

北海15012
プラセボ効果(偽薬効果)に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a    プラセボ効果によってもたらされる反応や変化は、望ましい効果のみである。
☆b    プラセボ効果は、医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待や、条件付けによる生体反応、時間経過による自然発生的な変化等が関与して生じると考えられている。
☆c    医薬品を使用したときにもたらされる反応や変化は、薬理作用によるもののほか、プラセボ効果によるものも含まれる。
d    プラセボ効果は、客観的に測定可能な変化として確実に現れる。

1(a,b)    2(a,d)    3(b,c)    4(c,d)

北海14015
プラセボ効果(偽薬効果)に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

☆a    医薬品を使用したとき、結果的又は偶発的に薬理作用によらない作用を生じることをプラセボ効果という。
☆b    プラセボ効果は、医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待(暗示効果)や、条件付けによる生体反応などが関与して生じると考えられている。
☆c    プラセボ効果によってもたらされる反応や変化にも、望ましいもの(効果)と不都合なもの(副作用)がある。
d    プラセボ効果は、主観的な変化だけで、客観的に測定可能な変化として現れることはない。

    a    b    c    d
1    誤    正    正    正
2    誤    誤    誤    誤
3    正    正    正    誤
4    正    誤    誤    正
5    正    正    誤    誤

北海13014
プラセボ効果に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか。

☆1    医薬品を使用したとき、結果的又は偶発的に薬理作用によらない作用を生じることをプラセボ効果という。
2    プラセボ効果は、医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待(暗示効果)は全く関与していない。
3    医薬品を使用したときにもたらされる反応や変化には、薬理作用によるものは含まれるが、プラセボ効果によるものは含まれない。
4    プラセボ効果によってもたらされる反応や変化は、望ましいもの(効果)のみであり、不都合なもの(副作用)はない。

北海12012
プラセボ効果に関する以下の記述のうち、正しい組み合わせはどれか。

☆a    プラセボ効果とは、医薬品を使用したとき、結果的又は偶発的に薬理作用によらない作用を生じることをいう。
☆b    プラセボ効果は、医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待や、条件付けによる生体反応、時間経過による自然発生的な変化等が関与して生じると考えられている。
c    プラセボ効果によってもたらされる反応には、不都合なもの(副作用)は含まれない。
d    一般用医薬品の購入者の使用による効果がプラセボ効果と思われるときは、プラセボ効果を継続させるため、その一般用医薬品を継続して使用するよう助言するべきである。

1(a,b)    2(a,c)    3(b,d)    4(c,d)

北海11012
プラセボ効果に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a    医薬品を使用したときに生じる、薬理作用による効果の一つである。
☆b    偽薬効果ともいう。
c    暗示効果により生じた作用は、プラセボ効果には含まれない。
☆d    プラセボ効果によってもたらされる反応や変化にも、望ましいもの(効果)と不都合なもの(副作用)とがある。

1(a,b)    2(a,c)    3(b,d)    4(c,d)

北海10012
プラセボ効果に関する以下の記述について、()の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

医薬品を使用したとき、結果的又は偶発的に(a)によらない作用を生じることをプラセボ効果(偽薬効果)という。プラセボ効果は、医薬品を使用したこと自体による(b)な結果への期待や、条件付けによる生体反応、時間経過による(c)な変化等が関与して生じると考えられている。

    a    b    c
1    生理作用    楽観的    自然発生的
2    生理作用    悲観的    自然発生的
☆3    薬理作用    楽観的    自然発生的
4    薬理作用    悲観的    人為的
5    代謝作用    楽観的    人為的

北海09014
プラセボ効果に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

☆a    医薬品を使用したとき、結果的又は偶発的に薬理作用によらない作用を生じることをプラセボ効果という。
☆b    医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待(暗示効果)や、条件付けによる生体反応、時間経過による自然発生的な変化(自然緩解など)等が関与して生じると考えられている。
☆c    通常、医薬品を使用したときにもたらされる反応や変化には、薬理作用によるもののほか、プラセボ効果によるものも含まれている。
☆d    プラセボ効果によってもたらされる反応や変化にも、望ましいもの(効果)と不都合なもの(副作用)とがある。

    a    b    c    d
1    正    正    正    正
2    正    正    正    誤
3    正    正    誤    正
4    正    誤    正    正
5    誤    正    正    正

北海08014-1
第1欄の記述は医薬品の作用に関するものである。()の中に入れるべき字句は第2欄のどれか。なお、2箇所の()内はどちらも同じ字句が入る。

第1欄
医薬品を使用したとき、結果的又は偶発的に薬理作用によらない作用を生じることを()効果という。()効果は、医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待や、条件付けによる生体反応、時間経過による自然発生的な変化等が関与して生じると考えられている。

第2欄
1    プロドラッグ
2    アルサス
3    ホメオスタシス
☆4    プラセボ
5    タキフィラキシー