[北海道ブロック]「その他の生薬製剤」関連の出題

2008-2017の試験(計11回)での出題:2問

hokkaido syoyaku.png

その他の生薬製剤に関する出題は計2問となっています。実際の問題をみてみましょう。

 


北海17056
次の1〜5で示される生薬成分のうち、イネ科のハトムギの種皮を除いた種子を基原とし、肌荒れやいぼに用いられるものはどれか。

1    ヨクイニン
2    オウギ
3    ゴミシ
4    タイソウ
5    サンシュユ


 

 

北海14054
生薬に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

☆a    ブシは、キンポウゲ科のハナトリカブト又はオクトリカブトの塊根を減毒加工して製したものを基原とする生薬で、心筋の収縮力を高めて血液循環を改善する作用を持つ。
b    サイコは、マメ科のクズの周皮を除いた根を基原とする生薬で、解熱、鎮痙等の作用を期待して用いられる。
c    オウゴンは、サルノコシカケ科のマツホドの菌核で、通例、外層をほとんど除いたものを基原とする生薬で、利尿、健胃、鎮静等の作用を期待して用いられる。
☆d    生薬成分は、医薬品的な効能効果が標榜又は暗示されていなければ、食品(ハーブ)として流通することが可能なものがある。

1(a,b)    2(a,d)    3(b,c)    4(c,d)
 


11回で2回の出題。意外と出題が少ないようですが、生薬については各ガイドラインで問われることも多いので、気が抜けません。関連項目は↓からご確認ください。

https://pensiero.kibe.la/shared/entries/5d10c484-69dc-4c91-b8de-751f7157d6ce