かぜの諸症状、かぜ薬のはたらき

過去問はこちら

かぜの諸症状

・「かぜ(感冒)」は単一の疾患ではなく、医学的には「かぜ症候群」という。

・主にウイルスが鼻や喉などに感染して起こる上気道の急性炎症の総称である。

・通常は数日〜1週間程度で自然寛解し、予後は良好である。かぜの主な症状は以下の通り。

<呼吸器症状>

くしゃみ、鼻汁・鼻閉(鼻づまり)、咽喉頭通、咳、痰など

<全身症状>

発熱、頭痛、関節痛、全身倦怠感

かぜの原因

・かぜの原因の約8割はウイルス(ライノウイルス、コロナウイルス、アデノウイルスなど)の感染によるものである。

・残りは細菌の感染を原因とするものが多いが、冷気や乾燥、アレルギーのような非感染性の要因による場合もある。

・ウイルスの種類は200を超えるといわれており、ウイルスによって活動に適した環境がある。そのため、季節や時期などにより原因は異なる。

かぜに類似した症状を起こす疾患

・以下の通り。急激な発熱を伴う場合や、症状が4日以上続くとき、症状が重篤なときはかぜでない可能性が高い。

喘息 アレルギー性鼻炎 リウマチ熱(リンクなし) 関節リウマチ(リンクなし) 肺炎(リンクなし) 肺結核(リンクなし) 髄膜炎 急性肝炎(リンクなし) 尿路感染症(リンクなし) など

・発熱や頭痛を伴う悪心や嘔吐、下痢などの消化器症状が現れることもあり、「お腹にくるかぜ」などと呼ばれるが、冬場にこれらの症状が現れた場合は、かぜではなくウイルスが消化器に感染したことによるウイルス性胃腸炎であることが多い。

インフルエンザはかぜとは別

・インフルエンザ(流行性感冒)は、かぜと同じようにウイルスが呼吸器に感染して起こるものだが、感染力が強く、重症化しやすいため、かぜとは区別して扱われる。

・ただし、一般の生活者にとっては識別が必ずしも容易ではない。医薬品等の販売に従事する専門家においては、インフルエンザ流行期等には購入者に注意を促したり、解熱鎮痛成分がアセトアミノフェンや生薬成分のみからなる製品を提案する等の対応が重要となる。

かぜ薬の概要

・かぜの諸症状の緩和を目的として使用される医薬品の総称。総合感冒薬とも呼ばれる。

・かぜは、生体に備わる免疫機構により、ウイルスが消滅すれば自然に治癒するので、安静にして休養し、栄養、水分を十分に摂るのが基本となる。

かぜ薬はウイルスを除去したりしない

・かぜ薬は、咳で眠れなかったり、発熱で体力を消耗するなどの諸症状の緩和を図る対症療法薬である。ウイルスの増殖を抑えたり、ウイルスを体内から除去するものではない

・「かぜだからかぜ薬を選ぶ」というのは最適とは限らない。症状がはっきりしている場合は、たとえば発熱なら解熱鎮痛薬、咳なら鎮咳去痰薬、鼻水なら鼻炎を緩和する薬を選ぶのが望ましい。症状がみられないのに不要な成分が配合されていると、無意味に副作用のリスクが高まってしまう。

主な配合成分等

発熱を鎮め、痛みを和らげる成分(解熱鎮痛成分)

・かぜ薬に配合される主な解熱鎮痛成分は以下の通り。

アスピリン

サリチルアミド(15歳未満の小児で水痘[水疱瘡]またはインフルエンザにかかっているときには使用を避ける)

エテンザミド

アセトアミノフェン

イブプロフェン

イソプロピルアンチピリン

ジリュウ

他の解熱鎮痛成分と組み合わせて配合されるもの(解熱鎮痛薬のGLとリンク)

ショウキュウ

ケイヒ

その他、解熱作用を期待して含まれるもの

ゴオウ

カッコン

サイコ

ボウフウ

ショウマ

その他、鎮痛作用を期待して含まれるもの

センキュウ

コウブシ

くしゃみや鼻汁を抑える成分(抗ヒスタミン成分、抗コリン成分)

<抗ヒスタミン成分>

クロルフェニラミンマレイン酸塩 ※「クロルフェニラミンマレイン酸塩」と「マレイン酸クロルフェニラミン」は、いずれもクロルフェニラミンとマレイン酸から成る同じ物質である。以下「塩酸塩」、「リン酸塩」等その他の物質についても同様である。

カルビノキサミンマレイン酸塩

メキタジン

クレマスチンフマル酸塩

ジフェンヒドラミン塩酸塩

<抗コリン成分>

ベラドンナ総アルカロイド

ヨウ化イソプロパミド

鼻粘膜の充血を和らげ、気管・気管支を拡げる成分(アドレナリン作動成分)

※いずれの成分も依存性があることに留意する必要がある(マオウも)

<薬用成分> メチルエフェドリン塩酸塩

メチルエフェドリンサッカリン塩

プソイドエフェドリン塩酸塩

<生薬成分> マオウ

咳を抑える成分(鎮咳成分)

▼ コデインリン酸塩及びジヒドロコデインリン酸塩が依存性を有することに留意が必要

コデインリン酸塩、ジヒドロコデインリン酸塩

デキストロメトルファン臭化水素酸塩

ノスカピン

チペピジンヒベンズ酸塩

クロペラスチン塩酸塩

▼ 生薬成分 ナンテンジツ

痰の切れを良くする成分(去痰成分)

<薬用成分>

グアイフェネシン

グアヤコールスルホン酸カリウム

ブロムヘキシン塩酸塩

エチルシステイン塩酸塩 ※かぜ薬の方には4つだけだが、去痰の方にはもっとある。ということはこの4つは必要なのか?

<生薬成分>

シャゼンソウ

セネガ

キキョウ

セキサン

オウヒ

炎症による腫れを和らげる成分(抗炎症成分)

・鼻粘膜や喉の炎症による腫れを和らげることが目的

リゾチーム塩酸塩

<特徴> ・炎症を生じた鼻粘膜や喉の組織の修復に寄与するほか、痰の粘り気を弱め、気道粘膜の線毛運動を促進して痰の排出を容易にする作用を示す。

<副作用> ・ まれに重篤な副作用として、ショック(アナフィラキシー)、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症を生じることがある。

<注意点> ・医薬品の配合成分として用いられているリゾチーム塩酸塩は、鶏卵の卵白から抽出したタンパク質であるため、鶏卵アレルギーがある人に対しては、リゾチーム塩酸塩を含有する医薬品に対するアレルギーの既往がある人と同様、使用を避ける。 ・乳児において、リゾチーム塩酸塩を初めて使用したときにショック(アナフィラキシー)が現れたとの報告があるため、乳児に使用した後はしばらくの間、容態をよく観察する必要がある。

セミアルカリプロティナーゼ、ブロメライン

<特徴> ・いずれもタンパク質分解酵素で、体内で産生される炎症物質(起炎性ポリペプチド)を分解する作用がある。また、炎症を生じた組織では、毛細血管やリンパ管にフィブリン類似の物質が沈着して炎症浸出物が貯留しやすくなるが、それら沈着物質を分解して浸出物の排出を促し、炎症による腫れを和らげる。 ・セミアルカリプロティナーゼには、痰粘液の粘り気を弱めて痰を切れやすくする働きもある。

<注意点> ・セミアルカリプロティナーゼ、ブロメラインとも、フィブリノゲンやフィブリンを分解する作用もあり、血液凝固異常のある人では出血傾向を悪化させるおそれがあるので、 治療を行っている医師又は処方薬の調剤を行った薬剤師に相談するなどの対応が必要である。 ・なお、血液凝固異常がない場合でも、まれに血痰や鼻血などの出血性の副作用を生じることがある。 ・また、肝機能障害があると代謝や排泄が遅延して、それらの副作用が現れやすくなるため、肝臓病の診断を受けている人の場合は、治療を行っている医師又は処方薬の調剤を行った薬剤師に相談するなどの対応が必要である。

トラネキサム酸

<特徴> ・体内での起炎物質の産生を抑制することで炎症の発生を抑え、腫れを和らげる。

<注意点> ・凝固した血液を溶解されにくくする働きがあるため、血栓のある人(脳血栓、心筋 梗塞、血栓性静脈炎等)や血栓を起こすおそれのある人に使用する場合は、治療を行っている医師又は処方薬の調剤を行った薬剤師に相談するなどの対応が必要である。

グリチルリチン酸二カリウム等

<特徴> ・グリチルリチン酸二カリウムの作用本体であるグリチルリチン酸は、化学構造がステロイド性抗炎症成分(リンク加える)に類似していることから、抗炎症作用を示すと考えられている。 ・生薬成分のカンゾウ(リンク加える)にもグリチルリチン酸は含まれている。

<副作用> ・グリチルリチン酸を大量に摂取すると、偽アルドステロン症を生じるおそれがある。

<注意点> ・医薬品ではグリチルリチン酸としての1日摂取量が 200mgを超えないよう用量が定められているが、グリチルリチン酸はかぜ薬以外の医薬品にも配合されていること が少なくなく、また、甘味料として一般食品や医薬部外品などにも広く用いられているため、医薬品の販売等に従事する専門家においては、購入者等に対して、グリチルリチン酸の総摂取量が継続して過剰にならないよう注意を促す必要がある。

・どのような人が対象であっても、 1日最大服用量がグリチルリチン酸として40mg以上となる製品は長期連用を避ける。

・むくみ、心臓病、腎臓病又は高血圧のある人や高齢者では偽アルドステロン症を生じるリスクが高いため、それらの人に1日最大服用量がグリチルリチン酸として40mg以上の製品を使用する場合は、治療を行っている医師又は処方薬の調剤を行った薬剤師に相 談する等、事前にその適否を十分考慮するとともに、偽アルドステロン症の初期症状に常に留意する等、慎重に使用する必要がある。

その他、発汗、抗炎症等の作用を目的として、以下の生薬成分が配合されている場合がある。

カミツレ

漢方処方成分等

・かぜ薬に配合される漢方処方成分、又は単独でかぜの症状緩和に用いられる漢方処方製剤の主なものは以下の通り。

(カンゾウを含むものに☆、マオウを含むものに△) 葛根湯☆△

麻黄湯☆△

小柴胡湯、柴胡桂枝湯

小青竜湯☆△

桂枝湯、香蘇散

半夏厚朴湯

麦門冬湯

鎮静成分

・解熱鎮痛成分の鎮痛作用を補助する目的で、以下の成分が配合されることがある。

ブロモバレリル尿素

アリルイソプロピルアセチル尿素 ※これらの鎮静成分には、いずれも依存性があることに留意する必要がある。

胃酸を中和する成分(制酸成分)

・解熱鎮痛成分(生薬成分の場合を除く。)による胃腸障害の軽減を目的として、以下の成分が配合されることがある。

▼ いずれも制酸成分

ケイ酸アルミニウム

酸化マグネシウム

水酸化アルミニウムゲル ※なお、この場合、胃腸薬のように、胃腸症状に対する薬効を標榜することは認められていない。

カフェイン類

・解熱鎮痛成分の鎮痛作用を増強する効果を期待して、また、中枢神経系を刺激して頭をすっきりさせたり、疲労感・倦怠(けんたい)感を和らげることなどを目的として、カフェイン、無水カフェイン、安息香酸ナトリウムカフェイン等が配合されている場合がある。

・なお、カフェイン類が配合されていても、必ずしも鎮静成分の作用による眠気が解消されるわけではない。

ビタミン成分等

・かぜの時に消耗しやすいビタミン又はビタミン様物質を補給することを目的として、以下のビタミンを配合する場合がある。

▼ 粘膜の健康維持・回復 ビタミンC(アスコルビン酸、アスコルビン酸カルシウム等)

ビタミンB2(リボフラビン、リン酸リボフラビンナトリウム等)

ヘスペリジン

▼ 疲労回復作用 ビタミンB1

アミノエチルスルホン酸(タウリン)

▼ 強壮作用 ・ニンジン、チクセツニンジン(生薬)

3)主な副作用、相互作用、受診勧奨

主な副作用

・かぜ薬の重篤な副作用は、配合されている解熱鎮痛成分(生薬成分を除く。)によるものが多い。まれに、ショック(アナフィラキシー)、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症、喘息、間質性肺炎が起きることがあるが、これらはかぜ薬(漢方処方成分、生薬成分のみから成る場合を除く。)の使用上の注意では、配合成分によらず共通に記載されている。

・このほか配合成分によっては、まれに重篤な副作用として、以下のものが生じることがある。

肝機能障害

・肝機能障害を生じることがある主な成分 アスピリン アスピリンアルミニウム アセトアミノフェン イブプロフェン 葛根湯 小柴胡湯(しょうさいことう) 柴胡桂枝湯(さいこけいしとう) 小青竜湯(しょうせいりゅうとう) 麦門冬湯(ばくもんどうとう)

偽アルドステロン症

・偽アルドステロン症を生じることがある主な成分 グリチルリチン酸二カリウム グリチルレチン酸 カンゾウ

腎障害、無菌性髄膜炎

・腎障害、無菌性髄膜炎を生じることがある主な成分 イブプロフェン

皮膚症状(発疹・発赤、掻痒(そうよう)感)

消化器症状(悪心・嘔吐、食欲不振)

めまい

眠気や口渇

・眠気や口渇が現れることがある主な成分 抗ヒスタミン成分(眠気については、鎮静成分でも現れることがある。)

便秘

・便秘が現れることがある主な成分 コデインリン酸塩、ジヒドロコデインリン酸塩

排尿困難

・排尿困難が現れることがある主な成分 抗コリン成分(べラドンナ総アルカロイド、ヨウ化イソプロパミド) 抗ヒスタミン成分 マオウ

相互作用

・かぜ薬には、通常、複数の有効成分が配合されているため、他のかぜ薬や解熱鎮痛薬、鎮咳去痰薬、鼻炎用薬、アレルギー用薬、鎮静薬、睡眠改善薬などが併用されると、同じ成分又は同種の作用を持つ成分が重複して、効き目が強くなりすぎたり、副作用が起こりやすくなるおそれがある。

かぜではアルコールを控える

・かぜに対する民間療法として、しばしば酒類(アルコール)が用いられるが、アルコールは医薬品の成分の吸収や代謝に影響を与えるため、肝機能障害等の副作用が起こりやすくなる。したがって、かぜ薬の服用期間中は、飲酒を控える必要がある。

受診勧奨

かぜ薬は対症療法

・かぜ薬の使用は、発熱や頭痛・関節痛、くしゃみ、鼻汁・鼻閉(鼻づまり)、咽喉頭痛、咳、痰等の症状を緩和する対症療法である。

・一定期間又は一定回数使用して症状の改善がみられない場合は、かぜとよく似た症状を呈する別の疾患や細菌感染の合併等が疑われるため、一般用医薬品で対処することは適当でない可能性がある。

・このような場合には、医薬品の販売等に従事する専門家は、購入者等に対して、漫然とかぜ薬の使用を継続せずに、医療機関を受診するよう促すべきである。特に、かぜ薬の使用後に症状が悪化した場合には、間質性肺炎やアスピリン喘息等、かぜ薬自体の副作用による症状が現れた可能性もある。

・なお、高熱、黄色や緑色に濁った膿性の鼻汁・痰、喉(扁桃)の激しい痛みや腫れ、呼吸困難を伴う激しい咳といった症状がみられる場合は、一般用医薬品によって自己治療を図るのではなく、初めから医療機関での診療を受けることが望ましい。また、慢性の呼吸器疾患、心臓病、糖尿病等の基礎疾患がある人の場合も、基礎疾患の悪化や合併症の発症を避けるため、初めから医療機関を受診することが望ましい。

・小児のかぜでは、急性中耳炎【語句解説】を併発しやすい。また、症状が長引くような場合は、医療機関で診療を受けるなどの対応が必要である。また、2歳未満の乳幼児には、医師の診断を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させることとされている。

【語句解説】 ・ウイルス(呼吸器に感染してかぜを引き起こすものと同じ)や細菌が、耳管に入り込んで増殖して起こる病気

Pensiero