[北海道ブロック]3章「主な医薬品とその作用」をどう攻略すべきか?

TOPICS
・北海道ブロック過去11回の試験で、平均1回以上出題された項目は20/43。
・出題数が特に多いのは「かぜ薬」で、31回出題。1回の試験で平均2.8問出題。
・「口腔咽喉薬」「痔の薬」など、身近で登録販売者のかかわりが深い薬についての出題が多い。


 

第3章に関連した北海道ブロックの登録販売者試験を徹底分析。
まずは過去11回の試験での出題頻度を確認していきましょう。

GL    GL内容    問題数
301    かぜ薬    31
309    胃の薬(制酸薬、健胃薬、消化薬)    26
302    解熱鎮痛薬    19
310    腸の薬(整腸薬、止瀉薬、瀉下薬)    19
320    内服アレルギー用薬(鼻炎用内服薬を含む。)    18
308    口腔咽喉薬、うがい薬(含嗽薬)    17
317    痔の薬    17
338    滋養強壮保健薬    17
319    婦人薬    15
312    その他の消化器官用薬    14
314    高コレステロール改善薬    14
305    鎮暈薬(乗物酔い防止薬)    13
307    咳止め・痰を出しやすくする薬(鎮咳去痰薬)    13
321    鼻に用いる薬    13
342    殺虫剤・忌避剤    13
343    一般用検査薬    13
322    眼科用薬の特徴、目の調節機能を改善する配合成分    12
335    歯痛・歯槽膿漏薬    12
341    消毒薬    12
339    漢方処方製剤    11

当サイトで分類した43項目中、1年に1回以上出題されている内容は20でした。
これらの内容は最低でもマスターしておきたいですね。

 

Pensiero